キャッシング・ローン辞典トップページ | みなし弁済 »

法定金利

法定金利とは利息制限法あるいは、出資法で決められた金銭消費貸借契約における、上限利率のことです。

基本的には利息制限法で定めている金利

1. 元本10万円未満は20%
2. 元本10万円以上100万円未満は18%
3. 元本100万円以上は15%

という規制が適用されます。

ただし、「みなし弁済」といった、利息制限法の上限金利を超えて支払った利息について、それが債務者の自由意志で支払ったと認められる場合(かなり厳密な規定が設けられています)には、出資法の上限金利、29.2%が適用されます。
ただし、利息制限法には罰則規定がなく、消費者金融や商工ローン業者の多くは、「みなし弁済」の条件を満たさないで、利息制限法を越えた金利を取っているところが少なくありません。

この件については全国的に返還訴訟も起きており、今後問題となってくる事が予想されます。



キャッシング・ローン辞典は、キャッシング・カードローンに関す用語の解説。 悪徳業者の見分け方や、審査の為の必要事項記入のコツなども。
それぞれの記事はカテゴリー別に登録してありますが、サイト内検索を利用して、知りたい語句を検索いただくほうが早く目的の情報にアクセスできるかも知れません。