« 抵当権 | キャッシング・ローン辞典トップページ | 代理受領 »

提携住宅ローンの流れ

提携住宅ローンの流れ

提携住宅ローンとは、住宅メーカーや工務店が連帯保証人となって借入を行う融資のことです。
融資の対象は住宅メーカーや工務店が請負う工事代金のみをです。
1.事前審査申込み
提携銀行より配布される「事前審査申込用紙」(住宅メーカーや工務店が用意)に必要書類の記入・捺印をして、提携銀行へ申込みを行います。

2.融資申込み
事前審査終了後、金銭消費貸借契約の2カ月くらい前に、提携銀行より配布される「本申込(正式)申込書類」に必要書類の記入・捺印をして申し込みします。一連の申し込み作業は住宅メーカーや工務店が行ってくれます。


3.融資証明発行
申込みから2週間前後で融資証明書が発行されます。

4.金銭消費貸借契約
金銭消費貸借契約後1週間ほどで融資実行が可能になります。

5.融資実行
融資は、住宅メーカーや工務店の口座へ直接振り込まれます。

6.建物完成後、表示保存登記・抵当権設定登記
保証会社で抵当権設定がされます。



キャッシング・ローン辞典は、キャッシング・カードローンに関す用語の解説。 悪徳業者の見分け方や、審査の為の必要事項記入のコツなども。
それぞれの記事はカテゴリー別に登録してありますが、サイト内検索を利用して、知りたい語句を検索いただくほうが早く目的の情報にアクセスできるかも知れません。