« 提携住宅ローンの流れ | キャッシング・ローン辞典トップページ | つなぎ融資(立替ローン) »

代理受領

代理受領
実行された融資金を申込人とは別の者が直接金融機関から受け取ること。
住宅メーカーや工務店の提携銀行などでの融資を受ける場合、住宅メーカーや工務店が代理受理をするケースがほとんどです。
代理受領に関しては、施工業者などが、確実な入金を目的として行うものですが、代理受領の場合は振り替え手続きといった余分な作業が減るというメリットがあります。

多額の現金が自分の口座にいったん入金される通常の融資実行も通帳記載上、何千万円ものお金が入金された履歴が残るので、嬉しい??かもしれません。



キャッシング・ローン辞典は、キャッシング・カードローンに関す用語の解説。 悪徳業者の見分け方や、審査の為の必要事項記入のコツなども。
それぞれの記事はカテゴリー別に登録してありますが、サイト内検索を利用して、知りたい語句を検索いただくほうが早く目的の情報にアクセスできるかも知れません。