« クレジットカード加盟店の損得 | キャッシング・ローン辞典トップページ | クレジットカード利用者の損得 »

クレジットカード発行者(信販会社)の損得

クレジットを発行している信販会社は、クレジット利用額の5%前後の手数料を得ていると
クレジットカード加盟店の損得
の中で解説しましたが、クレジット会社にとってのリスクは無いのでしょうか?

信販会社は、カードを作りたいと希望するお客様の信用状況 (支払いが滞る事がないかどうか)
を判断して利用限度額を設けたクレジットカードを発行するわけなのですが、

万が一、利用者の支払いが滞ったり、最悪、破産といった事態になった場合のリスクを負っています。
つまりお金の回収が出来ないかもしれないというリスクと手数料収入を天秤に掛けているわけです。

つまり、
利用者が多ければ収入が増える
審査を厳しくして優良な利用者ばかりを集めて、どんどん使ってもらえば、信販会社は儲かります。

逆に、利用者を増やすためには、審査の基準と下げる必要や、広告宣伝にかける費用をかける必要府が出てきます。

この辺りは、かく信販会社が持つ審査のノウハウが重要な鍵をにぎっている部分でもあります。

「客は獲りたし、リスクは避けたし」

というところの微妙な匙加減が会社の業績を左右するのです。

クレジットカード利用者の損得
クレジットカード加盟店の損得



キャッシング・ローン辞典は、キャッシング・カードローンに関す用語の解説。 悪徳業者の見分け方や、審査の為の必要事項記入のコツなども。
それぞれの記事はカテゴリー別に登録してありますが、サイト内検索を利用して、知りたい語句を検索いただくほうが早く目的の情報にアクセスできるかも知れません。